よしたけ歯科医院
お問い合わせ リンク集 サイトマップ サイトポリシー
歯とお口に関するご相談はこちら
HOME 当院の考え 診療のご案内 設備のご案内 よくある質問
診療のご案内
予防歯科治療
虫歯の治療
根管治療
歯周病の治療
歯の移植
歯科インプラント治療
歯科訪問診療
審美歯科治療
最近話題の入れ歯
矯正治療
根管治療
歯内療法はこんな場合に行われます。
むし歯が重症化(C3〜C4)すると歯内療法が必要となる。以前治療した歯が再度痛み出した場合、歯内療法が必要となる。
歯の奥から痛みを感じる場合は歯髄(神経や血管)が感染してウミが溜まっている可能性があります。
根管とは、歯の中にある歯髄(神経や血管)の入っている細いトンネルのことで、根管治療とは根管の中の死んだ歯髄(神経や血管)や汚染された象牙質を取り除き、根管の中を清掃し、消毒する治療のことを指します。
歯の神経を取った後に根の長さを測る→汚染された歯の根の部分を広げて清掃を行う→根の中に薬を入れ消毒を数回繰り返す
消毒が終わった後に薬剤等で密封する→症例によっては金属の土台を入れる→冠をかぶせる
虫歯が歯髄にまで進行してしまうと、歯髄は感染して死んでしまいます。死んでしまった歯髄は取らなければなりません。
しかし、まだ歯を抜く必要はありません。この根管治療をきちんと行えばこの歯を助けることが出来ます。
拡大画像を見る 拡大画像を見る
治療成功例の写真
治療前の写真
治療失敗例の写真(根の先端まで薬が入っていない)
根の周囲に膿が溜まってしまった症例
根管治療が十分にされないまま次のステップに急いだりするとその時は症状が出なくても数ヶ月、数年後に症例のように根の先端に膿が溜まってきます。その状態を治療するにはレーザーを当てたりしても改善されません。
根の中のばい菌や汚れをきれいにしてお薬をいれてあげると骨が次第に再生してきます。かなり根気のいる治療で時間はかかりますが避けて通れない基礎の大事な工程です。
術前 拡大画像を見る
術前の写真
術後6ヶ月 拡大画像を見る
術後6ヶ月の写真
術後3年 拡大画像を見る
術後3年の写真
このページの先頭へ
よしたけ歯科医院 福岡県行橋市北泉3-6-12 TEL:0930-24-1115 FAX:0930-24-1302
Copyright (c) YOSHITAKE DENTAL CLINIC. All Rights Reserved